まずは定番を味わって

男女

醤油味が基本

九州の一大都市である福岡には独自の食文化が花開き、全国各地からご当地グルメを求めて多くの観光客が訪れます。福岡の博多地区に代表される博多もつ鍋もその一つで、今では全国でも食べられますが本場の博多で食べるもつ鍋は街の雰囲気も相まってまた格別のものです。そんな福岡の博多を初めて訪れて、これからまさにもつ鍋を食べに行こうとされいている方に、知っておくとさらに深くもつ鍋を味わえる情報を紹介します。そもそも博多もつ鍋というのは、戦後になってからホルモンやニラを鍋で煮て、醤油で味付けたものを食べていたのが始まりとされます。現在では味噌味や塩味、中華風、韓国風など様々なスープで食べられていますが、やはり定番は原点である醤油味です。シンプルにもつの旨味を味わえますし、あっさりとしつつコクのあるスープとしゃきしゃきの野菜のハーモニーはもつ鍋の醍醐味です。シンプルな分お店の腕の見せ所なので、醤油味の評価が高いお店に間違いはありません。今まであまりもつ鍋を食べてこなかった人や、本場博多の味を味わいたいという人は、とりあえず1度は醤油味を試してみてください。また鍋と言えばシメも楽しみの一つですが、もつ鍋には定番のシメが存在します。それは他の鍋ではあまり見られない、ちゃんぽん麺です。九州以外だと長崎ちゃんぽんくらいしか見かける機会がありませんが、もつ鍋のシメと言えば昔からちゃんぽん麺と決まっています。お店ではご飯やうどんなどの定番のシメも用意されていますが、こちらも初心者の方は特別な理由が無ければ是非ちゃんぽん麺にチャレンジしてみましょう。中にはこのシメのちゃんぽんを食べたいがためにもつ鍋を食べる、という人もいるほど病みつきなる美味しさです。